ソーシャルレンディングのリスク:早期返済による利息減少

ソーシャルレンディングの案件で早期返済される事例はあるのか?

にゃんこば
ファンドの募集のページには、早期返済された時は、想定した運用益が出ない時があるって書かれてるけど、これ本当に起こるのかな?
かもねぎ
どうだろうな。いまのところ早期返済された案件は見たことがないからよくわからん。

ソーシャルレンディングの案件には、必ず早期返済による利息減少について記載されていますが、僕が投資しているファンドでは、今のところ早期返済によって返済が早く終わって利息が少なくなる事例は見ていません。

ネットを見ていると、 maneoでは何度も繰り上げ返済による早期返還が発生しているようです。

http://social-lending-field.com/?p=415

http://money816.com/2017/10/05/maneoよりまたまた繰上返済16万円のお知らせが来まし/

調べてみると、 maneo以外では繰り上げ返済による早期返還は珍しいようです。

僕も今のところは出会っていません。長く投資を続けていけば出てくるかもしれませんが、いまのところは早期返済によるファンドの終了は珍しいのかもしれないですね。

もっとも、早期返済が無いのは当然かもしれません。僕たちだってローンの早期返済を行えば余計に払っている利息が減るのは知っています。

でも、知っているから早期返済するか?と言われたらそんな事なくて、ローンの返済はせずに他のことにお金を使ったりしていますよね。
だから、そういうものと言われれば、そうなんだろうなって納得は出来ます。

早期返済が起こる理由は?

ソーシャルレンディングで早期返済が起こる理由は、融資先の企業がもっと安い金利で借り換えることが出来た時に発生するようです。

繰り上げ返済が頻繁に発生する場合は、融資の審査が厳しいので借主の信用度が高いレベルにあるという事になりますね。

ソーシャルレンディングでお金を借りるなんて、信用度が低いからと言われているようですが、信用度が高い企業がお金を借りるメリットはあると思います。

ソーシャルレンディングは募集が始まれば、数週間で融資を受けることが可能ですから、一時的にソーシャルレンディングでお金を借りて、後から金利が低い銀行の借り換えを狙うというのは1つの方法としてありだと思います。

また、銀行の融資が出るまでの繋ぎで借りる企業があっても不思議では無いと思います。

早期返済で資金が早く帰ってくるのはデメリットでは無いのでは?

にゃんこば
早期返済で資金が早く帰ってくるのは、歓迎することじゃないかな?
かもねぎ
利息は少なくなるけど、リスクにさらしている期間が短くなるのは大歓迎!

資金を融資している状態は、投資資金をリスクにさらしていることになります。

たしかに借主に早期返済されると利息は減ってしまうけど、そのぶんリスクからも解放されたと考えれば、早期返済は歓迎するべき事では無いでしょうか?

にゃんこば
ファンドは案件が2つあるよね。金額が高い案件が早期返済して、金額が低い方は満期一杯まで返済に時間をかけた場合、投資したお金はq帰って来ないのかな?
かもねぎ
うっ、たしかに。

この記事を書いていて気になったのは、ファンドには極端に金額が少ない案件と抱き合わせになっていますよね。

融資金額1000万の案件Aと、
融資金額5万の案件Bで構成されていて、
返済期間が24カ月
というファンドがあったとします。

もし、金額が大きい案件Aが12カ月で早期返済した場合はどうなってしまうのでしょうか?

想定出来る最悪のパターンは、案件Bの返済が終わるまで投資した金額が帰って来ないパターンです。

にゃんこば
ファンド単位で投資してるので、ふつうにありそうだよね

最大利回りの表記はあてにしない

早期返済で利息が増えて利回りが上昇するファンドも存在します。

例えば、 maneoファミリーのプレリートファンドはそのパターンのファンドが多いですね。

投資している不動産が予定よりも早く売却できた時は、投資家に分配があるらしいです。

例えば、この案件は利回り6.5%ですが、最大利回りは14%になるそうです。

これを見て国内不動産でこの最大利回りならいいじゃん、と思って投資するのは、ちと気が早いかな?と思います。

あくまでも、最大利回りなので、予定の利回りよりも増えたらラッキー、くらいに考えておいた方がガッカリしないので良いと思います。

僕は性格的に、最大利回りを期待して投資すると、期待が外れた時に、他のファンドにすれば良かったとガッカリするので、当てにしない事にしています。

シェアする

フォローする