ソーシャルレンディングのリスク、投資家利回りが低くても安全とは限らない

ソーシャルレンディングは金利が低い案件のがリスクが少ない。は本当?

にゃんこば
投資型クラウドファンディング(=ソーシャルレンディング)は、融資する時に自社の利益分を乗せて融資するわけでしょ?それってファンドの利回りが低くても安全とは限らないんじゃ?
かもねぎ
その通りだと思う!しかも業者が利益分をどのくらい乗せているかわからない。安全と思ってたらハイリスクだったということになる可能性はある。

ソーシャルレンディング業者は融資の時に自社の利益分の利回りを上乗せして融資しています。

例えば、投資家利回りが10%だったら、融資先には12%で貸し付けるという感で、サービス会社の利益を乗せて融資しています。この例の場合は上乗せされている2%がサービス会社の利益となります。

これはmaneoの仕組みのページに書かれてあるので間違いないです。

関連 maneo(マネオ)はどうやって資金を運用しているの?

しかし、実際にどのくらい年利を上乗せしているかは公開されていません。一律に乗せているのか、ファンド毎に違うのかもわからないのです。

どこの情報か覚えていないのですが、ネットの情報では、ソーシャルレンディングの運営業者が融資時に利益分で乗せている利率は1.5%〜3.0%と書いてある記事を読みました。

キャンペーンファンドなどは、業者の利益分を投資家に還元しているから年利が高めに設定されているというのも読んだことがあります。

しかし、キャンペーンファンドなのに、周りのファンドの方が利回りが高い時もあります。

状況から推測になってしまいますが、多分キャンペーンローンファンドはもともとリスクが少ないので金利が安かったんでだけど、キャンペーンローンファンドとして作ったので、それなりに高い利回りになった。

しかし、周りのリスクが高いファンドがあったので、せっかくキャンペーンファンドで金利が上がっているのに、周りの金利が高いので目立たなくなっているのだと思います

キャンペーンファンドなので利回りは改善されていても周りより低いってことは、それだけ低い年利だったのでしょうね。

ソーシャルレンディングは投資家利回りが低いから安全とは限らない

投資は一般的にリスクが高いほどリターンも大きくなると言われています。

ソーシャルレンディングもこの法則の通り、利回りが低い方がリスクは少なく、利回りが高いほどリスクが高いファンドと言われています。

実際、僕たちがお金を借りる時も信用情報が良い方が金利が低くなるので、金利が低いほどリスクは少ないと言うのは正しいように思えます。

でも、本当にそうでしょうか?

仮に、次の2つのファンドがあったとします。

①投資家利回り5%で募集しているファンド
②投資家利回り12%で募集しているファンド

投資家に見えている利回りだけ見たら①の方が安全に見えます


でも、

①は業者の利益分の上乗せが10%
②は業者の利益分の上乗せが3%

サービス業者が年利を引き上げているので、借り手から見たら、どちらも年利15%でお金を借りることになります。

このように、投資家には融資時の利回りはわからないので、業者の利回りがどのくらい乗っているか確認する方法はありません。

個人的な見解ですが、、先程のリスクが高いほどリターンも大きい。に当てはまらないパターンがあると思います。

僕たちソーシャルレンディング投資家は、運用利回りが低いからといって安全な投資にはならない可能性があることを意識しておく必要がありますね。

シェアする

フォローする