ソーシャルレンディングとは何か?【実践1日目】

にゃんこば
ソーシャルレンディングで稼ぐって決めたけど、そもそも、どんな投資なのかすら解ってない。
かもねぎ
さすがに相手を知らないまま戦うのは無謀でしょ。せめて内容ぐらい知ってから始めようよ。
にゃんこば
こういうのは、勢いが大切。まだ口座も作ってないし、ソーシャルレンディングについては、これから調べれば大丈夫だよ。

ソーシャルレンディングとは何か?

ソーシャルレンディングの事をまったく解ってないので、Google先生に聞く事にした。

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(borrower:ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(lender:レンダー)を結びつける融資仲介サービスである。

wikipedia抜粋

つまり、お金を借りたい人と、お金を貸したい人をマッチングするのが、ソーシャルレンディングらしい。

借主は、銀行から借りられない案件に対して、銀行と同じ、もしくはチョット有利な条件でお金を借りようってのがメインらしい。

かもねぎ
再建築不可の土地の開発とか、銀行からは融資が得られない案件もあるらしいよ。

貸し手としては、そもそもお金を貸すという行為は貸金業の資格がないとできないんだけど、仲介業者を通じてお金を貸すことが出来る

クラウドファンディングとの違いは良くわからなかったが、多分、似たようなものだと思われる。

にゃんこば
つまり、個人で銀行みたいな金貸しが出来るってことだな。
かもねぎ
銀行と同じって考えると、ちゃんと回収できれば、確かに安定して利益が出そうだな。


実践2日目に続く ⇒ ソーシャルレンディングの仕組みを調べた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする